マイナスイオン効果

マイナスイオン 効果

 健康情報大百科    
            
                         ★当サイトについて★

   健康管理士の管理人がお送りする健康に関する情報満載のサイト「健康情報大百科」へようこそ!

   当サイトは日々の健康管理に役立つ情報として、生活習慣病を初めとする病気予防、体の基本構造、
   サプリメント、栄養素、食品、運動、ダイエットなどの健康に関する情報を豊富に掲載しています。

   当サイトを通して、1人でも多くの方々の健康生活に役立つ事が出来たとしたら幸いです。
   どうぞ、健康情報大百科をごゆっくりとご覧下さい。

  スポンサードリンク
 
 健康情報大百科HOOM肥満・内臓脂肪とストレス>マイナスイオン
        
                

マイナスイオンの効果と健康のぺージ!



   マイナスイオン効果に関する情報をご紹介します!
  
  マイナスイオンとは、空気中に含まれる僅かな電気を帯びた物質の
 事を示す言葉です。

 空気中には微小の電子を帯びた粒子が浮かんでいます。その中で
 分子が10個〜100個程度集まった状態で、マイナスに帯電している
 状態をマイナスイオンと言います。

 マイナスイオンが、健康にとって優れていると言う話を聞かれる事が
 多いと思いますが、それは何故かと言うと、マイナスイオンがプラス
 イオンを中和させる働きを持つ為です。

 空気中には、マイナスイオンよりプラスイオンの方が多く存在します。

 そして、プラスイオンが様々な健康被害を生む事が多いのです。

 このページをご覧頂いている方も、大気汚染と言う言葉を聞かれる事が
 あると思いますが、空気中には様々なゴミ、ほこり、化学物質などが
 含まれています。

 このような大気汚染物質は、プラスイオンを増加させ、生体に悪影響を
 及ぼします。

 肺から吸い込むプラスイオンは、酸素と一緒に血液中に溶け込み
 血液を酸性に傾け、活性酸素を増加させます。

 そして、ストレスや疲労、現代の食生活などの、ライフスタイルも
 どちらかと言うと、体液を酸性にする傾向にあります。

 血液を初めとする、体液が酸性傾向に傾くと、細胞膜における
 ナトリウムやカリウムなどの吸収、排出や老廃物を排出する力が
 弱まり、栄養の効果的な吸収が妨げられるようになります。

 すなわち、プラスイオンが多く、体液が酸性傾向になるような状態が
 長く続くと、新陳代謝が低下し、血液もドロドロになり、老化促進や
 生活習慣病などの疾患にかかりやすくなります。

 この様な、状態をマイナスイオンは中和させる事により、防ぐとされて
 います。

 その為、マイナスイオンは、血液をサラサラにして、免疫力を高めたり
 すると言われています。

 特にストレス軽減効果・リラックス効果が有名ですが、それ以外にも
 不眠症改善や熟睡促進などの睡眠に関する効果、疲労回復、肩こり
 予防と言った、不定愁訴の予防や対策にも優れた効果を示すと
 されています。

 自然の中でマイナスイオンが豊富な所は、滝や噴水などの水しぶきの
 多い場所で、この様な場所には、通常の200倍近い量のマイナス
 イオンが発生していると言われています。

 また、森林浴なども、マイナスイオンの健康効果によるところが
 多いようです。

 マイナスイオンが豊富だと、新陳代謝が活発になり、細胞の活性も
 活発になるため、老化を防ぎ、身体の生命力が強くなるとされて
 いますが、自然の中で、マイナスイオンを多く浴びるには、郊外に
 行かなければならず、日常的にマイナスイオンを発生する機能を
 持つ、健康グッツや健康家電も注目を集めています。

                スポンサードリンク
       



  

 ☆メニュー☆

 ☆運動に関する情報☆
 ・運動情報1
 ・運動情報2


 ☆身体の基本情報☆
 ・体のメカニズム1
 ・体のメカニズム2


 ☆病気予防に関する情報☆

  ☆生活習慣病関連
 ・生活習慣病と健康情報
 ・糖尿病と血糖値
 ・肥満・内臓脂肪とストレス
 ・活性酸素とガン・心臓・脳疾患
 ・血液・血管とその他の生活習慣病

  ☆一般疾患(生活習慣病以外)
 ・内臓疾患と関節痛
 ・アレルギーと不定愁訴
 ・その他の疾患1
 ・その他の疾患2


 ☆健康飲料とサプリメント
 ・健康飲料(健康酢・健康茶・健康水)
 ・サプリメント1
 ・サプリメント2


 ☆栄養☆
 ・栄養に関する情報1
 ・栄養に関する情報2
 ・栄養に関する情報3


 ☆食品と健康☆
 ・野菜
 ・野菜と果実
 ・豆・ナッツ・穀類
 ・魚介・海藻類
 ・肉・乳製品・油脂関係






 ・プロフィール


 ・リンク集&リンクについて




Copyright (C) 2007 健康情報大百科  All Rights Reserved