イライラ防止

イライラ 防止

 健康情報大百科    
            
                         ★当サイトについて★

   健康管理士の管理人がお送りする健康に関する情報満載のサイト「健康情報大百科」へようこそ!

   当サイトは日々の健康管理に役立つ情報として、生活習慣病を初めとする病気予防、体の基本構造、
   サプリメント、栄養素、食品、運動、ダイエットなどの健康に関する情報を豊富に掲載しています。

   当サイトを通して、1人でも多くの方々の健康生活に役立つ事が出来たとしたら幸いです。
   どうぞ、健康情報大百科をごゆっくりとご覧下さい。

  スポンサードリンク
 
 健康情報大百科HOOM肥満・内臓脂肪とストレス>イライラの防止と対策
        
                

イライラの防止と対策に関するぺージ!



 イライラの防止と対策と病気の関係に関する情報をご紹介します!
  
 イライラ防止&対策をしっかり行い、ストレスコントロールや、
 家庭内や、恋人とのイザコザを防ぎましょう。


 ・不足するとイライラする栄養素を(カルシウム、ビタミンB郡、
  マグネシウム)しっかりと摂る

 カルシウムが不足すると非常にイライラします。また、ビタミンB郡や
 マグネシウムが不足しても、神経症状が起こりやすくなります。

 カルシウムは乳製品、小魚類、大豆製品、海藻類に、ビタミンB郡は
 玄米、胚芽、レバー、緑黄色野菜などに、マグネシウムは、ほうれん草、
 豆類、バナナ、ひじき、魚介類、肉類などに多く含まれます。


 ・朝食は抜かずに炭水化物を中心にしっかりと摂る

 朝食を抜くと、脳の栄養が不足する為、午前中に何気ない事でも
 イライラしやすくなります。朝食はしっかりと食べましょう。


 ・有害ミネラル(有害金属)や農薬の悪影響を避ける。

 有害ミネラルが、一定量以上体内に蓄積されると、イライラしたり、
 切れやすくなり、最終的には脳に悪影響を及ぼします。

 現在は多くの食品に、有害ミネラルが関係していますので、排出
 するように心がけましょう。有害金属を排出するには、食物繊維が
 有効です。野菜や豆類、海藻類を、食事に取り入れて、体内から
 排出するようにしましょう
                スポンサードリンク
       

  

 ☆メニュー☆

 ☆運動に関する情報☆
 ・運動情報1
 ・運動情報2


 ☆身体の基本情報☆
 ・体のメカニズム1
 ・体のメカニズム2


 ☆病気予防に関する情報☆

  ☆生活習慣病関連
 ・生活習慣病と健康情報
 ・糖尿病と血糖値
 ・肥満・内臓脂肪とストレス
 ・活性酸素とガン・心臓・脳疾患
 ・血液・血管とその他の生活習慣病

  ☆一般疾患(生活習慣病以外)
 ・内臓疾患と関節痛
 ・アレルギーと不定愁訴
 ・その他の疾患1
 ・その他の疾患2


 ☆健康飲料とサプリメント
 ・健康飲料(健康酢・健康茶・健康水)
 ・サプリメント1
 ・サプリメント2


 ☆栄養☆
 ・栄養に関する情報1
 ・栄養に関する情報2
 ・栄養に関する情報3


 ☆食品と健康☆
 ・野菜
 ・野菜と果実
 ・豆・ナッツ・穀類
 ・魚介・海藻類
 ・肉・乳製品・油脂関係






 ・プロフィール


 ・リンク集&リンクについて




Copyright (C) 2007 健康情報大百科  All Rights Reserved