男性肥満

男性 肥満

 健康情報大百科    
            
                         ★当サイトについて★

   健康管理士の管理人がお送りする健康に関する情報満載のサイト「健康情報大百科」へようこそ!

   当サイトは日々の健康管理に役立つ情報として、生活習慣病を初めとする病気予防、体の基本構造、
   サプリメント、栄養素、食品、運動、ダイエットなどの健康に関する情報を豊富に掲載しています。

   当サイトを通して、1人でも多くの方々の健康生活に役立つ事が出来たとしたら幸いです。
   どうぞ、健康情報大百科をごゆっくりとご覧下さい。

  スポンサードリンク
 
 健康情報大百科HOOM肥満・内臓脂肪とストレス>男性の肥満
        
                

男性の肥満に関するぺージ!



  男性の肥満の原因と対策についてご紹介します!
  
 男性の肥満は、以前に比べて、女性の評価がとても低くなっている
 と言うデーターが、ある調査機関から発表されて話題を集めています。

 以前からアメリカでは、男の肥満は自己管理が出来ないと、見られて
 評価が低い場合が多かったですが、日本では余り、その様な傾向は
 ありませんでした。しかし、今回の調査では、汗かき、暑がり等の
 理由から、損をしていると言う意見が多く、肥満男性からは、がさつ、
 短気、頭の回転が悪い等と言った、ネガティブイメージを受けるという
 結果が出たようです。

 良いイメージと悪いイメージの差は、7対3で、圧倒的に悪いイメージが
 多かったとされます。

 良いイメージとしては、愛嬌がある、優しい等のイメージがあった
 ようです。

 男性同士では、これ程、肥満男性に対してネガティブイメージは、
 強くありませんが、昨年からメタボリック関連の健康法案が、実行
 された事もあり、今後男性の肥満に対する風当たりは、強まると
 思いますので、肥満男性は頑張って、ダイエットに踏み出す時期が
 来たとも言えます。

 肥満は男性に限らず、生活習慣病の危険因子となるので、注意が
 必要ですが、特に男性の肥満の場合は、ED勃起不全
 インポテンツ)や体臭の原因ともなります。

 これらは男性の悩みでも、常に上位に来る悩みですので、その点
 から言っても、肥満男性は肥満解消に取り組みましょう。

 
 また、男性の肥満と、深い関係を持つのが内臓脂肪です。
 特に男性の中でも、中年になってから太り始めたと言う方は、
 内臓脂肪過多の状態にある場合が多いです。

 内臓脂肪過多の状態は、ほって置くと、メタボリックシンドローム
 移行する危険性が高く、そうすると脳卒中や心筋梗塞の、危険が
 高まるのでとても危険です。

 この様な理由からも、男性の肥満は、早期に解消するべきだと
 いえます。内臓脂肪は他の脂肪に比べて、危険性も高いですが、
 減少させることも比較的簡単で、有酸素運動などで、比較的楽に
 減少させる事が可能です。

 肥満男性の中には、ダイエット経験が無く(又は少なく)、そのため
 ダイエットに不安を持つ方も多いと思いますが、実は男性の方が
 女性に比べて、基礎代謝量が元々高い為に、痩せやすいですから、
 思い切って、肥満解消に取り組んで見る事をお奨めします。

 気をつけたいのは、間違ったダイエット方法に取り組まないと言う事です
 肥満を解消する為に必要な事は、摂取カロリーと消費カロリーの、
 バランスです。とにかく食べる事を我慢して、食べないと言う事は
 間違っています。食事を減らしただけでは、基礎代謝が減りますので、
 太り易くなります。

 とりあえず最初は間食を止めて、腹八分目を心がけて、出来るだけ
 多くの種類の、食品を食べるようにしましょう。余り高カロリー食に
 ならない様に気をつけて。そして、軽い有酸素運動を一日30分から
 1時間続けましょう。

 これだけで多くの肥満男性は、減量に成功すると思います。
 男性の肥満は、今までの生活習慣に影響を受けています。
 言わば、太る為の生活リズムです。

 これを変えるのは、初めは辛いかも知れませんが、結局慣れですので、
 辛いのは初めだけです。また、余り無理をすると、途中で投げ出したく
 なるので、完璧を目指さず、軽い気持ちでチャレンジしてして下さい。

 そして、少しだけ視点を変えてください。

 例えば、どうしても間食するクセが抜けないとか、お腹いっぱい
 食べないと、気がすまないという場合は、足りなくなった量を、
 こんにゃくのダイエット食品や、ダイエットクッキーに変えたりすると
 言う事です。また、満腹感が増すサプリメントなどを、試す事も良い
 でしょう。

 今まで食べていた物と、同内容の物を食べ続けると、痩せる事は
 困難です。然し、急に無理をして、痩せようと思っても、結果的に
 挫折する事になります。

 無理をせずに、少し内容を変えるだけで良いのです。

 運動についても同じです。

 肥満男性の場合は、運動自体が嫌いと言う方もいると思います。
 その様な方は、運動をしている姿を、近所の人に見られるのも
 恥ずかしくて、嫌だと感じる方もいらっしゃいます。

 然し、運動をしないとダイエットには成功しません。
 全く運動をしないダイエットは、間違いダイエットの典型です。

 その様な状態で運動するには、自宅で階段を上り下りするとか、
 場合によっては、室内で使える運動器具を利用しても良いでしょう。

 そして、休日の天気の良い日や、少し時間がある時などに、歩いて
 みて下さい。特別な運動をしなくても、この様な軽い運動でも、痩せる
 事は可能です。

 運動習慣が無い方が、運動の楽しさを分かると、止められなくなります。
 初めだけ、思い切ってチャレンジしてみて下さい。
 男性の肥満解消は、思ったより簡単ですよ。



                スポンサードリンク
       

  


 ☆メニュー☆

 ☆運動に関する情報☆
 ・運動情報1
 ・運動情報2


 ☆身体の基本情報☆
 ・体のメカニズム1
 ・体のメカニズム2


 ☆病気予防に関する情報☆

  ☆生活習慣病関連
 ・生活習慣病と健康情報
 ・糖尿病と血糖値
 ・肥満・内臓脂肪とストレス
 ・活性酸素とガン・心臓・脳疾患
 ・血液・血管とその他の生活習慣病

  ☆一般疾患(生活習慣病以外)
 ・内臓疾患と関節痛
 ・アレルギーと不定愁訴
 ・その他の疾患1
 ・その他の疾患2


 ☆健康飲料とサプリメント
 ・健康飲料(健康酢・健康茶・健康水)
 ・サプリメント1
 ・サプリメント2


 ☆栄養☆
 ・栄養に関する情報1
 ・栄養に関する情報2
 ・栄養に関する情報3


 ☆食品と健康☆
 ・野菜
 ・野菜と果実
 ・豆・ナッツ・穀類
 ・魚介・海藻類
 ・肉・乳製品・油脂関係






 ・プロフィール


 ・リンク集&リンクについて




Copyright (C) 2007 健康情報大百科  All Rights Reserved