健康 入浴法

健康入浴法

 健康情報大百科    
            
                         ★当サイトについて★

   健康管理士の管理人がお送りする健康に関する情報満載のサイト「健康情報大百科」へようこそ!

   当サイトは日々の健康管理に役立つ情報として、生活習慣病を初めとする病気予防、体の基本構造、
   サプリメント、栄養素、食品、運動、ダイエットなどの健康に関する情報を豊富に掲載しています。

   当サイトを通して、1人でも多くの方々の健康生活に役立つ事が出来たとしたら幸いです。
   どうぞ、健康情報大百科をごゆっくりとご覧下さい。

  スポンサードリンク
 
 健康情報大百科HOOM生活習慣病と健康情報>健康入浴法
        
                

健康 入浴法のぺージ


   健康入浴法についてご紹介します!
  

   入浴は、日々の疲れを癒し、疲労回復筋肉痛神経痛
  解消したり、癒し効果で、ストレスを解消したりと、健康的には
  メリットが多い訳ですが、気をつけなければ、血液がどろどろ
  なる事があります。

   特に、血管に不安を持っている人は、入浴には気をつけた方が、
  良いでしょう。何故なら、入浴は汗で水分が失われ、血液は粘着性
  が高くなっていますし、体温が上がると、血小板の塊を溶かす成分が
  減少してしまいます。(入浴の危険性高血圧と入浴

   尚且つ、湯温が高いと、動脈硬化を起こしている人の場合は、
  脳卒中心筋梗塞を起こしやすくなります。

   ですので、良く耳にするように、「健康入浴とは、ぬるめのお湯に
  ゆっくりつかる事」と言われる訳です。(半身浴

   しかし、この、ぬるめのお湯にも、気をつけなければならない点が
  あります。

  それは、入浴時間です。

  ぬるめのお湯は、得てして、入浴時間が長くなってしまいがちです。

   しかし、ぬるいお湯に長時間入ると、体温が上がりすぎて
  しまいます。

   入浴時間は、湯温によって異なりますが、44度で5分以内、
  40度で7分以内が良いと言われています。

   また、入浴後2分間は、特に倒れる人が多いので、42度以上の
  お湯には、血圧、血管に不安のある人は入らないほうが良いでしょう。

   また、入浴前後に、コップ1杯の水を飲む事を、忘れないように
  しましょう。ドロドロ血対策になります。

                スポンサードリンク
       



  

 ☆メニュー☆

 ☆運動に関する情報☆
 ・運動情報1
 ・運動情報2


 ☆身体の基本情報☆
 ・体のメカニズム1
 ・体のメカニズム2


 ☆病気予防に関する情報☆

  ☆生活習慣病関連
 ・生活習慣病と健康情報
 ・糖尿病と血糖値
 ・肥満・内臓脂肪とストレス
 ・活性酸素とガン・心臓・脳疾患
 ・血液・血管とその他の生活習慣病

  ☆一般疾患(生活習慣病以外)
 ・内臓疾患と関節痛
 ・アレルギーと不定愁訴
 ・その他の疾患1
 ・その他の疾患2


 ☆健康飲料とサプリメント
 ・健康飲料(健康酢・健康茶・健康水)
 ・サプリメント1
 ・サプリメント2


 ☆栄養☆
 ・栄養に関する情報1
 ・栄養に関する情報2
 ・栄養に関する情報3


 ☆食品と健康☆
 ・野菜
 ・野菜と果実
 ・豆・ナッツ・穀類
 ・魚介・海藻類
 ・肉・乳製品・油脂関係






 ・プロフィール


 ・リンク集&リンクについて




Copyright (C) 2007 健康情報大百科  All Rights Reserved