血液

血液

 健康情報大百科    
            
                         ★当サイトについて★

   健康管理士の管理人がお送りする健康に関する情報満載のサイト「健康情報大百科」へようこそ!

   当サイトは日々の健康管理に役立つ情報として、生活習慣病を初めとする病気予防、体の基本構造、
   サプリメント、栄養素、食品、運動、ダイエットなどの健康に関する情報を豊富に掲載しています。

   当サイトを通して、1人でも多くの方々の健康生活に役立つ事が出来たとしたら幸いです。
   どうぞ、健康情報大百科をごゆっくりとご覧下さい。

  スポンサードリンク
 
 健康情報大百科HOOM体のメカニズム1>血液
        
                

血液のぺージ


   血液のメカニズムと働きについてご紹介します
  

   血液の主だった働きとしては、

   1、細胞組織に、酸素や栄養素を運んだり、二酸化炭素や、
     老廃物を受け取り各臓器に送る。

   2、細菌から体を守る、

   3、止血作用、体温を一定に調節する

   などがあります。

   血液量は、

    体重の約13分の1(50kの人は約4キロ(1升瓶2本分)で、
   骨髄(骨の中)で作られます。
    新生児は全身の骨格、成人は椎骨、胸骨、肋骨に限られ、
   作られた血液は、骨の中の毛細血管を通り、外の血管へ
   送られます。

   血液の寿命としては、赤血球で100〜120日で、肝臓、脾臓で
   破壊され、白血球は、約2週間で、リンパ球、血小板なら、数日間で
   寿命を迎え、新しい血液が造られていきます。


   血液内部の構成と役割としては、

    赤血球は、酸素、二酸化炭素の運搬、

    白血球は、外部から侵入した病原微生物等の異物を殺す
     (白血球の死骸が膿や鼻汁です。)、

    リンパ球は、白血球の一種で、体内に入った物が、生まれつき
    体内に持った物かどうかを判断する。免疫との関係が深い。

    血漿は、水分、栄養素、老廃物を運ぶ、水分、塩分等を調節する。

    血小板は、血管の損傷部をふさいで止血する
     (血液を凝固させる)

    等があります。

  血液の状態(血液の汚れや流れ)は身体機能を正常に保ち、
  健康を維持していく上ではとても大切な働きを担います。
  ドロドロ血サラサラ血と言った血液の汚れに対して注意を
  払い、血行を良くする生活を送りましょう。

                スポンサードリンク
       

 
 関連情報ページ
  ・血液をきれいにする脂肪



 

 ☆メニュー☆

 ☆運動に関する情報☆
 ・運動情報1
 ・運動情報2


 ☆身体の基本情報☆
 ・体のメカニズム1
 ・体のメカニズム2


 ☆病気予防に関する情報☆

  ☆生活習慣病関連
 ・生活習慣病と健康情報
 ・糖尿病と血糖値
 ・肥満・内臓脂肪とストレス
 ・活性酸素とガン・心臓・脳疾患
 ・血液・血管とその他の生活習慣病

  ☆一般疾患(生活習慣病以外)
 ・内臓疾患と関節痛
 ・アレルギーと不定愁訴
 ・その他の疾患1
 ・その他の疾患2


 ☆健康飲料とサプリメント
 ・健康飲料(健康酢・健康茶・健康水)
 ・サプリメント1
 ・サプリメント2


 ☆栄養☆
 ・栄養に関する情報1
 ・栄養に関する情報2
 ・栄養に関する情報3


 ☆食品と健康☆
 ・野菜
 ・野菜と果実
 ・豆・ナッツ・穀類
 ・魚介・海藻類
 ・肉・乳製品・油脂関係






 ・プロフィール


 ・リンク集&リンクについて




Copyright (C) 2007 健康情報大百科  All Rights Reserved