坐骨神経痛

坐骨神経痛

 健康情報大百科    
            
                         ★当サイトについて★

   健康管理士の管理人がお送りする健康に関する情報満載のサイト「健康情報大百科」へようこそ!

   当サイトは日々の健康管理に役立つ情報として、生活習慣病を初めとする病気予防、体の基本構造、
   サプリメント、栄養素、食品、運動、ダイエットなどの健康に関する情報を豊富に掲載しています。

   当サイトを通して、1人でも多くの方々の健康生活に役立つ事が出来たとしたら幸いです。
   どうぞ、健康情報大百科をごゆっくりとご覧下さい。

  スポンサードリンク
 
 健康情報大百科HOOM内臓疾患と関節痛>坐骨神経痛
        
                

坐骨神経痛のぺージ!



  坐骨神経痛に関する情報をご紹介します!
  
 坐骨神経痛は、三叉神経痛肋間神経痛と並び、とても多い
 神経痛で、大変つらい症状(痛みやしびれ)を、伴うことが
 特長とも言える神経痛です。

 坐骨神経痛は、読んで字の如く、坐骨神経と言う神経が、
 関係する神経痛です。坐骨神経は、人間の神経の中では、
 最大の神経で、腰椎から出た神経と、仙骨から出た神経が
 合わさった非常に太い神経です。

 ちなみに太さは、ペン軸ほどの太さがあり、抹消までの長さは
 1m以上もあります。この様に、人間の神経の中で、最大級の
 神経である坐骨神経が関係する為、坐骨神経痛は、人間の
 下半身全体に影響を及ぼします。

 詰り、数ある神経痛の中でも、”歩いたり座ったり”と言った、
 基本的な動作が、坐骨神経痛により制限されることが多く、
 日常生活に大きな支障を来たします。

 その為、坐骨神経痛は、辛い症状を伴う神経痛と言われていて、
 出来るだけ予防や、早期治療や改善が大切になります。
 坐骨神経は、お尻(臀部)から、太もものうしろがわを通って、膝の
 近くで、すねの方と、ふくらはぎの方と、二またに別れて走行し、
 足の甲と足の裏に続いています。

 坐骨神経痛とは、腰椎から梨状筋(お尻の筋肉)にかけて、
 どこかで神経が圧迫されたり、絞扼などの障害を受けた事が
 原因となり発症する神経痛です。

 坐骨神経痛の原因としては、椎間板ヘルニアや変形性腰痛症
 などによって、神経が圧迫されたり、寒さや老廃物の蓄積により
 神経が圧迫されたする事により、発症する事が多いです。

 また、中には動脈硬化症や、アルコール依存症などによる
 神経障害等が、坐骨神経痛の原因となる場合もあります。

 坐骨神経痛は発症してしまうと、歩行に影響が出たりするので、
 一番大切な事は、坐骨神経痛にならない様に予防する事です。

 坐骨神経痛を予防するには下記の様な方法が有効です。


 ●坐骨神経痛の予防方法

 ・坐骨神経痛予防の基本

  腰に負担をかけない。腰の筋肉を強化する。柔軟性を保つ。
  腰を冷やさない。事が、坐骨神経痛予防の基本です。

 その為には、適度な運動や軽いストレッチ、半身浴でじっくりと腰を
 温める、などの方法が有効です。

 適度な運動やストレッチは、腰の筋肉を強化して、柔軟性を
 保ちますし、血行も促進します。また、入浴なども血行を促進して
 筋肉のコリをほぐして柔軟性を保ちます。

 坐骨神経痛に限らず、神経痛は全般的に、冷えからくる血行
 不良が、原因となることが多いものです。その為、血行促進は
 効果的な、坐骨神経痛の予防方法の一つと言えます。


 ・食事でビタミンB郡を摂る

 ビタミンB1→中枢神経や末梢神経の働きを正常化する力を
          持ちます。

 ビタミンB2→重要な神経伝達物質(セロトニン、ドーパミン、
         アドレナリンなど)の合成に必要不可欠なビタミンです。

 この様にビタミンB郡は、神経に関係が深い栄養素なので、十分に
 摂取する事が、坐骨神経痛の予防にも、発症した後の対策(改善)
 にもなります。



 ●坐骨神経痛の対策

 坐骨神経痛は予防が一番ですが、万一発症した場合は、早期に
 対策をして、改善して行く事が必要です。

 そして、万一症状が重いようなら、早期に専門医の治療を受けた
 ほうが良いでしょう。

 自分で出来る坐骨神経痛の対策として、一番ポピュラーな方法は、
 腰部コルセットを装着する事です。

 腰部コルセットで、痛みやしびれを緩和する事が出来ます。
 然し、コルセットの長期間の装着は、筋肉が低下することもある
 ので、コルセットに余り頼り過ぎない事が大切です。

 また、腰痛バンド(腰痛ベルト)も、坐骨神経痛対策に有効です。

 坐骨神経痛でも、余り痛みや痺れが大きくないようなら、少しづつ
 身体を動かすと効果的です。坐骨神経痛に効果的な体操として、
 腰痛体操があります。

 腰痛体操は、腹筋、お尻、背中の筋肉を鍛えるのが目的です。
 但し、痛みを我慢して、無理して運動や体操を行う事は、お奨め
 できません。あくまでも、運動や体操が出来る状態まで、坐骨
 神経痛の症状を改善するか、そこまで坐骨神経痛の症状が
 酷くなくて、運動や体操が出来る状態に、身体がある事が
 前提です。

                スポンサードリンク
       




  

 ☆メニュー☆

 ☆運動に関する情報☆
 ・運動情報1
 ・運動情報2


 ☆身体の基本情報☆
 ・体のメカニズム1
 ・体のメカニズム2


 ☆病気予防に関する情報☆

  ☆生活習慣病関連
 ・生活習慣病と健康情報
 ・糖尿病と血糖値
 ・肥満・内臓脂肪とストレス
 ・活性酸素とガン・心臓・脳疾患
 ・血液・血管とその他の生活習慣病

  ☆一般疾患(生活習慣病以外)
 ・内臓疾患と関節痛
 ・アレルギーと不定愁訴
 ・その他の疾患1
 ・その他の疾患2


 ☆健康飲料とサプリメント
 ・健康飲料(健康酢・健康茶・健康水)
 ・サプリメント1
 ・サプリメント2


 ☆栄養☆
 ・栄養に関する情報1
 ・栄養に関する情報2
 ・栄養に関する情報3


 ☆食品と健康☆
 ・野菜
 ・野菜と果実
 ・豆・ナッツ・穀類
 ・魚介・海藻類
 ・肉・乳製品・油脂関係






 ・プロフィール


 ・リンク集&リンクについて




Copyright (C) 2007 健康情報大百科  All Rights Reserved