動脈硬化 対策

動脈硬化 対策 予防

 健康情報大百科    
            
                         ★当サイトについて★

   健康管理士の管理人がお送りする健康に関する情報満載のサイト「健康情報大百科」へようこそ!

   当サイトは日々の健康管理に役立つ情報として、生活習慣病を初めとする病気予防、体の基本構造、
   サプリメント、栄養素、食品、運動、ダイエットなどの健康に関する情報を豊富に掲載しています。

   当サイトを通して、1人でも多くの方々の健康生活に役立つ事が出来たとしたら幸いです。
   どうぞ、健康情報大百科をごゆっくりとご覧下さい。

  スポンサードリンク
 
 健康情報大百科HOOM血液・血管とその他の生活習慣病>動脈硬化の予防と対策
        
                

動脈硬化の予防と対策に関するぺージ!



  動脈硬化の予防と対策に関する情報をご紹介します!
  
 動脈硬化の予防と対策として一番大切なことは、生活習慣の見直しです
 食事、運動、ストレス等の、基本的な生活習慣を改善する事で
 動脈硬化の予防が可能です。

 そして動脈硬化を予防する事で、得られる最大のメリットは、脳梗塞
 脳出血などの脳卒中や、心筋梗塞狭心症などの虚血性心疾患
 防ぐ事が出来ると言う事です。

 これらの脳卒中や虚血性心疾患は、最悪の場合は、死に至る場合も
 多い病気ですし、命は助かってもその後、後遺症などが残る場合も
 多く、リハビリにも時間がかかる病気です。

 また、高齢者の場合は、脳卒中から痴呆に進む場合もあるので、
 これらの疾患(生活習慣病)を、予防する事が出来る事が、
 動脈硬化の予防で得られる最大のメリットです。

 その為、動脈効果の予防対策は、糖尿病高血圧を予防する為の
 方法とほぼ同じと言えます。つまり、食事の内容やバランスに気を配る
 必要があります。食事の対策を通して、肥満の防止、コレステロール
 対策、体内の脂肪(中性脂肪)対策が出来ます。

 この事は、同時にドロドロ血を防ぎ、サラサラ血にしますので、血液と
 血管を良好にする事に繋がります。動脈硬化の予防と対策に取って
 血液と血管の状態がとても大切です。

 運動も同じです。肥満を防ぎ、血液を浄化させて、血管の弾力性を
 保ちます。また、ストレスの発散にも適度な運動が役立ちます。

 ストレスが動脈硬化の原因になるのには、幾つかの理由があります
 一つは精神的緊張が続くと、自律神経のバランスが崩れる為、血管の
 弾力性が無くなる原因になったり、高血圧の原因になったりする
 からです。

 また、活性酸素とも関係もあります。
 活性酸素はLDL(悪玉コレステロール)を酸化させる事により、凶悪な
 LDLに変形させてしまいます。そうすると動脈硬化が一気に進行します

 ストレスは、活性酸素をさらに活性化させるので、こまめなストレス
 発散が動脈硬化の予防対策には必要です。

 また、たばこも同様に、活性酸素を発生させる為に、動脈硬化を促進
 させます。この様に、動脈硬化症は生活習慣と加齢により進行します
 ので、生活習慣の改善が、動脈硬化の予防には必要です。

 動脈硬化と同様に、血液と血管を損傷させる疾患が、糖尿病や
 高血圧症です。その為、高血圧と糖尿病は、共に動脈硬化症を発症
 及び進行させる事が多い疾患です。

 これらの糖尿病や、高血圧症を防ぐ事が、動脈硬化の予防対策上、
 生活習慣の改善と並び、とても重要です。動脈硬化症の種類や特徴
 などは、動脈硬化症とはのページにてご紹介していますので、
 当ページと合わせてご覧下さい。


                スポンサードリンク
       

  

 ☆メニュー☆

 ☆運動に関する情報☆
 ・運動情報1
 ・運動情報2


 ☆身体の基本情報☆
 ・体のメカニズム1
 ・体のメカニズム2


 ☆病気予防に関する情報☆

  ☆生活習慣病関連
 ・生活習慣病と健康情報
 ・糖尿病と血糖値
 ・肥満・内臓脂肪とストレス
 ・活性酸素とガン・心臓・脳疾患
 ・血液・血管とその他の生活習慣病

  ☆一般疾患(生活習慣病以外)
 ・内臓疾患と関節痛
 ・アレルギーと不定愁訴
 ・その他の疾患1
 ・その他の疾患2


 ☆健康飲料とサプリメント
 ・健康飲料(健康酢・健康茶・健康水)
 ・サプリメント1
 ・サプリメント2


 ☆栄養☆
 ・栄養に関する情報1
 ・栄養に関する情報2
 ・栄養に関する情報3


 ☆食品と健康☆
 ・野菜
 ・野菜と果実
 ・豆・ナッツ・穀類
 ・魚介・海藻類
 ・肉・乳製品・油脂関係






 ・プロフィール


 ・リンク集&リンクについて




Copyright (C) 2007 健康情報大百科  All Rights Reserved