運動

運動

 健康情報大百科    
            
                         ★当サイトについて★

   健康管理士の管理人がお送りする健康に関する情報満載のサイト「健康情報大百科」へようこそ!

   当サイトは日々の健康管理に役立つ情報として、生活習慣病を初めとする病気予防、体の基本構造、
   サプリメント、栄養素、食品、運動、ダイエットなどの健康に関する情報を豊富に掲載しています。

   当サイトを通して、1人でも多くの方々の健康生活に役立つ事が出来たとしたら幸いです。
   どうぞ、健康情報大百科をごゆっくりとご覧下さい。

  スポンサードリンク
 
 健康情報大百科HOOM運動情報1>運動
        
                

運動のぺージ


                     運動
  
  運動と健康はとても密接な関係にあります。

  健康を考える上でポイントとなる事が、食事、運動ストレス
 コントロールですが、加齢と共に身体の機能や能力は徐々に
 低下していきます。

  そして、疲労が蓄積されて、自分の持つ体力を上回ると、外部からの
 細菌などに負けて病気に繋がっていきます。

  その様な状態を防ぎ、病気に負けない体力を保持する上で、運動が
 大切になって来ます。

  若い時は特に意識しなくでも問題ありませんが、30歳を過ぎ、
 中年期と言われる40代に入ってくると、意識して運動をする習慣を
 持たないと、確実に身体の体力や機能が低下してきます。

  しかし、中年期であれば運動によって、体力などの身体の機能を
 向上させる事は可能ですが、中年期を過ぎると運動の目的が
 変わってきます。

  これは、青年期から中高年期の運動の目的が、身体機能や、
 体力の向上にあるのに対し、高年期以降は、身体機能の衰えを
 食い止め、現状維持をする事が運動の目的になるからです。

  この事は、老化に伴う身体の衰えがいかに重大であるかという事を
 意味します。高齢になると運動は、現状の体力や身体機能を、
 維持する為に必要になり、向上させて行く事は難しいとも言えます。

  ですから、中年期で運動をして、体力や身体機能を向上させて
 おく事は、やがて来る老化を押さえ、高年齢になったときに、
 健康でいられるという事に繋がります。

 また、高年齢で運動をする事により、現状の身体能力を保持出来れば、
 最低限の病気予防には繋がりますので、運動習慣を持つ事は、
 年代を問わず大切です。

   
          スポンサードリンク
 



  

 ☆メニュー☆

 ☆運動に関する情報☆
 ・運動情報1
 ・運動情報2


 ☆身体の基本情報☆
 ・体のメカニズム1
 ・体のメカニズム2


 ☆病気予防に関する情報☆

  ☆生活習慣病関連
 ・生活習慣病と健康情報
 ・糖尿病と血糖値
 ・肥満・内臓脂肪とストレス
 ・活性酸素とガン・心臓・脳疾患
 ・血液・血管とその他の生活習慣病

  ☆一般疾患(生活習慣病以外)
 ・内臓疾患と関節痛
 ・アレルギーと不定愁訴
 ・その他の疾患1
 ・その他の疾患2


 ☆健康飲料とサプリメント
 ・健康飲料(健康酢・健康茶・健康水)
 ・サプリメント1
 ・サプリメント2


 ☆栄養☆
 ・栄養に関する情報1
 ・栄養に関する情報2
 ・栄養に関する情報3


 ☆食品と健康☆
 ・野菜
 ・野菜と果実
 ・豆・ナッツ・穀類
 ・魚介・海藻類
 ・肉・乳製品・油脂関係






 ・プロフィール


 ・リンク集&リンクについて




Copyright (C) 2007 健康情報大百科  All Rights Reserved