有酸素運動

有酸素運動

 健康情報大百科    
            
                         ★当サイトについて★

   健康管理士の管理人がお送りする健康に関する情報満載のサイト「健康情報大百科」へようこそ!

   当サイトは日々の健康管理に役立つ情報として、生活習慣病を初めとする病気予防、体の基本構造、
   サプリメント、栄養素、食品、運動、ダイエットなどの健康に関する情報を豊富に掲載しています。

   当サイトを通して、1人でも多くの方々の健康生活に役立つ事が出来たとしたら幸いです。
   どうぞ、健康情報大百科をごゆっくりとご覧下さい。

  スポンサードリンク
 
 健康情報大百科HOOM運動情報1>有酸素運動
        
                

有酸素運動のぺージ


                 有酸素運動
  
  有酸素運動のポイントと健康との関係についてご紹介します。

  有酸素運動とは、酸素を消費し充分な呼吸を確保しながら行なう
 運動の事で、軽く汗ばむ程度の 強さで行なう運動の事を言います。

  具体的に有酸素運動と言われるものには、ウオーキング(速歩)、
 ジョギングサイクリング 、水泳、水中歩行等が入ります。

  筋肉を鍛える無酸素運動とは違い、有酸素運動は肥満解消、
 血液循環改善、コレステロール中性脂肪の低下、高脂血症、
 高血圧、糖尿病などの予防・治療効果、ストレス解消と言った事を、
 目的として取り組む運動です。

  有酸素運動の効果を期待するには運動時間が大事です。

  運動を開始して、20分位から脂肪燃焼が開始されますので、
 最低でも20 分以上行なう事が大事で、30分位は続けるように
 しましょう。

  また、数回の運動で終わっては意味がありませんので、最低3ヶ月は
 続ける事が大事です。

 更に、有酸素運動を効率的に行いたいと言う方は、運動中の心拍数
 に注意を払う事により、有酸素運動の効率がアップします。

 有酸素運動に適した心拍数の算出方法には、幾つかの方法が
 ありますが、最も簡単な方法としては、「220−年齢」と言う数式で
 求める事が出来ます。

  また、今迄全く運動を行なった経験がない方の場合、初めは
 1日おきに行なった方が無難です。

  有酸素運動に限らず全ての運動は、継続が大事です。

  例え週に1度しか時間が取れなくて、週1の運動でも、運動の効果は
 期待出来ますので 続ける事が大事です。

  そして、出来る事なら、2日〜3日に1度は有酸素運動を行なうと
 病気予防や肥満対策など、健康にはとても役立ちます。

 特に有酸素運動の運動習慣を持つ事は、ダイエットのみならず、風邪を
 ひきにくくなったり、冷え症や便秘を予防したりと、健康生活に役立つ事
 ばかりです。一度、天気の良い日にでも外で有酸素運動を行ってみたら
 如何でしょうか。きっと、ストレスも発散され、気分も爽快になりますよ。

                スポンサードリンク
       

 ※補足
 以前は有酸素運動の脂肪燃焼効果は、有酸素運動を開始してから
 20分間は体内の血中脂肪を消費する為に、有酸素運動は、最低
 でも、30分以上継続しないと、効果が無いとされていましたが、
 現在は、研究が進み、有酸素運動は時間に関係なく、脂肪燃焼を
 行っていると言う事が解りました。30分未満でも有酸素運動を
 行うと、運動した分の効果は運動時間に関係なく得る事が出来ます。




 ☆メニュー☆

 ☆運動に関する情報☆
 ・運動情報1
 ・運動情報2


 ☆身体の基本情報☆
 ・体のメカニズム1
 ・体のメカニズム2


 ☆病気予防に関する情報☆

  ☆生活習慣病関連
 ・生活習慣病と健康情報
 ・糖尿病と血糖値
 ・肥満・内臓脂肪とストレス
 ・活性酸素とガン・心臓・脳疾患
 ・血液・血管とその他の生活習慣病

  ☆一般疾患(生活習慣病以外)
 ・内臓疾患と関節痛
 ・アレルギーと不定愁訴
 ・その他の疾患1
 ・その他の疾患2


 ☆健康飲料とサプリメント
 ・健康飲料(健康酢・健康茶・健康水)
 ・サプリメント1
 ・サプリメント2


 ☆栄養☆
 ・栄養に関する情報1
 ・栄養に関する情報2
 ・栄養に関する情報3


 ☆食品と健康☆
 ・野菜
 ・野菜と果実
 ・豆・ナッツ・穀類
 ・魚介・海藻類
 ・肉・乳製品・油脂関係






 ・プロフィール


 ・リンク集&リンクについて




Copyright (C) 2007 健康情報大百科  All Rights Reserved